金融商品取引被害 | 福岡県福岡市の弁護士 法律相談なら井口法律事務所

HOME > 個人のご相談 > 金融商品取引被害

金融商品取引被害

 金融商品には、複雑な仕組みを持ち、元本喪失の危険があるものがありますが、金融商品取引の知識や経験が十分にないにもかかわらず、金融商品取引業者の勧誘を受け、そのような危険な金融商品を購入してしまい、損害を受ける事例があります。
また、価値の無い未公開株や説明内容とは異なる商品に投資させられるといった投資詐欺の被害事例などもあります。
違法・不当な勧誘行為等があった場合、交渉や訴訟等により被害回復を行える場合があります。

 金融商品取引被害。投資詐欺等でお困りの方は当事務所へご相談下さい。



事務所案内

〒810-0041
福岡県福岡市中央区大名2丁目10番4号シャンボール大名D棟301
TEL 092-791-3681

>地図・アクセス

業務対応地域

福岡県全域 / 福岡市 / 糸島市 /
春日市 / 大野城市 / 太宰府市 /
那珂川町 / 筑紫野市 / 二日市 /
古賀市 / 福津市 / 宗像市 / 宮若市 /
飯塚市 / 小郡市 / 久留米市 /
朝倉市 / 大牟田市 / 大川市 /
柳川市 / みやま市 等

山口県、佐賀県、熊本県、大分県等の福岡近県の方のご相談へも対応しております。