遺言・相続問題 | 福岡県福岡市の弁護士 法律相談なら井口法律事務所

HOME > 個人のご相談 > 遺言・相続

遺言・相続

 遺言や相続は誰もが経験する可能性のある問題であり、非常に身近な法律問題であると言えます。
 遺産相続は様々な問題が絡む複雑な分野になりますので、正しい知識を持って適切な対応を行うことが大切になります。
 相続が生じた際に亡くなった方の遺言が存在しない場合には、通常、相続人同士で被相続人の財産などについて分割協議を行うことになりますが、それぞれの思惑から利害が対立し、親族間で遺産相続を巡る深刻な紛争が発生してしまい、解決が困難になることもあります。
 そのような事態にならないためにも、明確な意思を示した法的効力のある遺言書の作成や遺言書の管理を依頼するなどして、ご自身が亡くなった後の備えを行っておくことも将来の家族間での相続紛争を予防する上で、非常に重要になります。

 当事務所では法律相談、遺言書の作成、遺産分割交渉の代理、各種法的手続等を行い、遺言・相続問題で悩みを抱えている方のお手伝いを致します。
 また、事業承継や後継者問題に関するご相談も取り扱っております。
 遺言・相続問題で福岡県の弁護士をお探しなら当事務所へご相談ください。


相続

 相続とは、ある人が亡くなった場合にその人が所有していた財産を、亡くなった人と一定の関係にある人(相続人)が引き継ぐことをいいます。引き継ぐ財産には、借金などの負の財産も含まれます。
 亡くなった方に財産がある場合には、相続人の間で取り分や内容について協議が行われ遺産が分割されることになりますが、中には話し合いがまとまらず円満な遺産分割が行われないケースもあります。
 どうしても相続人間で解決に至らない場合には調停、審判、訴訟などの裁判手続きを利用して解決を目指すことになります。

 相続を巡るトラブルの内容は遺産の取り分に納得が出来ないというものだけではなく、財産や遺言書の隠匿問題、土地や建物といった分割が難しい財産の対応など様々です。
 また、不動産や株式といった資産だけなく借金なども負債も相続の対象となるため、被相続人に負債があると判明した場合は、相続人が置かれた状況に応じた手続きを行うことが大切になります。

 遺産分割に関する問題は、相続人の範囲や相続財産の調査、寄与分、特別受益、遺留分など多岐にわたり、専門的な知識が不可欠な分野になりますので、当人同士での解決が難しい場合は、まずは一度、弁護士へご相談されることをおすすめします。


遺言

 遺言とは自分の死後の財産の分与方法等を書面に記しておき、死後にその内容を実現してもらう制度のことをいいます。
 自分が生きている間に遺言書を残しておくことで、意思通りに財産を残すことができ、将来起こりうる相続人間での遺産を巡る相続紛争を避けることが出来ます。
 遺言書は、法律に沿ったものを作成する必要があり、法律で定められた形式に従わず作成されたものは有効と認められず効力が発生しない場合や、遺留分制度などにより、一部記された内容が認められず、希望した通りの相続が行われない場合もあります。

 法律の専門家である弁護士に助言を受けながら作成を行うことで、遺言する方の意思に沿った、有効な遺言書を作成することが出来ます。



事務所案内

〒810-0041
福岡県福岡市中央区大名2丁目10番4号シャンボール大名D棟301
TEL 092-791-3681

>地図・アクセス

業務対応地域

福岡県全域 / 福岡市 / 糸島市 /
春日市 / 大野城市 / 太宰府市 /
那珂川町 / 筑紫野市 / 二日市 /
古賀市 / 福津市 / 宗像市 / 宮若市 /
飯塚市 / 小郡市 / 久留米市 /
朝倉市 / 大牟田市 / 大川市 /
柳川市 / みやま市 等

山口県、佐賀県、熊本県、大分県等の福岡近県の方のご相談へも対応しております。